menu

新着情報

ヴァンサンカンからのお知らせをご案内します

TOP >  新着情報 >  スタッフブログ >  冬のあたためポイント♪

冬のあたためポイント♪

2017年11月17日|スタッフブログ

ここ数日で一気に寒さが増してきましたね。寒さと共に、空気も乾燥してきています。

冬は、腎の季節!


腎臓は水分代謝を司るうるおい担当臓器ですが、この大気の変動にからだが対応しきれないときは、腎臓は、お肌や粘膜の乾燥として

サインを出します。

乾燥が続くと、鼻水、くしゃみでうるおいが

必要となり、カラダは、手っ取り早い方法として「風邪でもひくか」となりやすいです。


東洋医学では、病気が生じる前の前の段階で自然治癒力が部分的に低下している状況を「虚」と呼びます。

こうした「虚」がある場所に、カラダの外から入ってくるものを「邪」といいます。


暑邪、湿邪、寒邪、火邪、燥邪、風邪など季節的な湿度・温度の変動に加え、ウイルス・細菌といったものも「邪」として扱います。

今の時期強くなる寒邪、風邪は、


背中、首、手首、足首

から侵入すると言われます。

ここをあたためたり、マッサージをしたりするのが、邪の侵入を防ぎ風邪予防にもなりますので、みなさんやってみてくださいね。

スロータスオイルは、毛細血管の拡張も促すので冷えとりにももってこいです。

あとはプリスティンのあたためグッズ、創美の遠赤の下着。

ヴァンサンカンには何でもある~♪(笑)

フル活用して、気持ちよくこの寒さを乗り気っていきましょう(^-^)/

伊井